包茎治療の費用でトラブルが起こるケースもある!裁判に発展することも…

包茎治療では費用を巡りトラブルになるリスクがある

包茎治療ではカントン包茎など医療ケアの介入が必須と見られる奨励では、保険適用で手術を受けることが可能で費用も、検査費用や診察料なども含めて2-3万円ほどで済みます。ただ保険適用は包茎治療では例外的で、ほとんどのクリニックでは全額自己負担の自由診療です。自由診療ではそれぞれのクリニックで自由に価格を設定できるので、料金は高額になる傾向があります。一般的な亀頭直下埋没術では10-15万円ほどが費用の相場と言えます。
しかしなかには悪徳クリニックが暗躍しており、「包茎治療ではサイズアップは出来ないので別の治療が必要になる」、「性感染症のリスクが高い」などの脅し文句を突きつけて高額な料金で包茎治療一式の即日契約をしつこく勧めるなどの問題事例が国民生活センターなどに相談が相次いでいます。包茎治療を決断するにあたっては、事前に費用や手術内容を十分にヒアリングし、ゆっくり冷静な状態で契約しないとトラブルになり裁判に発展する可能性があります。

包茎治療の価格でのトラブル事例

それでは包茎治療での実際のトラブル事例にはどのような事例があるのか、行政腸が紛争処理仲介で裁判に発展する前の段階で解決をみた事例を御紹介します。
相談者は某クリニックの包茎治療費用15万円との広告を目にして、手術を希望したところクリニック側からは15-115万円必要との説明を受けました。ところがクレジット会社への支払い費用が総額200万円近くになることを知ったのは、包茎治療手術が完了してからのことだったそう。相談者は治療前に具体的手術内容や保険適用の可否、広告価格と実際の価格が大きく異なる、などを主張しました。この事例では実際の治療費用の総額は広告内容からは判明せず、クリニックで当日に説明を受けてようやく明らかになるなど、消費者への情報提供が適切でないことが問題視されたようです。結局裁判には至りませんでしたが、ホームページどおりの治療費に沿った支払にすることで若いが成立したようです。

まとめ

包茎治療は保険適用外の治療メニューを選択することが多いので、クリニックでの料金は自由に設定することが出来ます。一般的には包茎治療では10-15万円ほどが相場ですが、なかには数百万円にのぼる治療費用を請求されることもあります。ネット広告などの価格との乖離の大きさがトラブルの原因になっていることが多いようです。調停機関などで話し合いが付かなければ裁判に発展することも。包茎治療を実践するときは事前に治療内容や料金体系などをリサーチし、即日契約などはしないで冷静に判断する姿勢が求められます。